2007.11.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2008.01.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
カテの結果
今回のカテ結果を忘れないうちに記録しておきます。

今回のカテは、約4年ぶり。

バルーンの治療も予定に入ってたのですが、結局は通常のカテで終了。

肺への(問題となってる肺動脈)の血液の流れも以前のカテよりも良く

バルーンをする必要が無かったのは良いことなのですが、

穴開きフォンタンの穴を閉じるには、肺の圧が高く断念せざるをえなかったみたいです。

今現在の肺の圧は10~12。穴を閉じると18なので、どう考えても無理。

結局、酸素も今まで通り。

弁の漏れは多く見積もって1度程度。

でも、この結果はある程度予想してたので、私的にはたいした問題ではなかったので良かったんだけど・・・・・

問題は、心臓の動きがイマイチと言われた事。

でも、この心臓の動きは前回のカテと変わりないはずなんだけど・・・・・

今回は、「アーチスト」と言う薬が増える事になった。

「今までと動きは変わらないのに、えーーーーー?なんでーーーー?」と思ったので、

この薬が増える事について、担当の先生に食い下がって聞いた所、

「悪いから飲むんじゃなくて、もっと良くなる為に飲むんです。」と言うお返事。

で、この「アーチスト」と言うお薬。

先生から副作用についての説明もあったんだけど、子供はほとんど副作用は無いとの事。

ところが、ネットで調べたら、なかなか難しい薬らしい。



【作用】

「心不全には基本的に禁忌なのですが、病状によっては有効なことが分かってきました。心臓の負担が軽くなり、予後の改善(長生き)につながる可能性があります。心筋症など一部の慢性心不全に対して、専門医により慎重に使用されることがあります。」



【注意する人】

病気によっては、かえって病状を悪化させるおそれがあります。心不全や喘息のある人は基本的に禁忌です。糖尿病の人では、血糖降下薬の副作用(低血糖)がでやすくなるので注意してください。高齢の人も心不全などの副作用がでやすいので、少量より開始するなど慎重に用います。


↑の文章を読むと、良いか悪いかわかんない紙一重的な感じだよね。


この件は、次の外来で詳しく担当の先生に尋ねてくる予定。

今の所(昨日と今日)副作用は出てないみたいです。

今回は、4階の循環器の病棟がいっぱいで、急遽5階に入院。

5階は、整形外科や形成外科の病棟で様子が分からず困ったこともあったけど

また循環器病棟とは違った、のんびりした感じもあって良かった♪

私にも、はなにもお友達が出来た♪



今回のカテは、はなもいろんな事がわかる年齢になって、

予想通り、恐ろしいほどの錯乱状態になって大変だった~(涙)

普段は温厚なはなが「先生馬鹿~」と怒鳴っていた・・・・・(-_-;)

そして大暴れ。やはり大きくなれば大きくなったなりの問題が出てくるんだよね。

次回のカテはまだ未定だけど、また3~4年後くらいかな?

考えるとため息~

長文でごめんなさい。読んでくれてありがとう。

****************************************************************

(おまけのお話)

はなのカテ入院の間、慣れない保育園で頑張ったぶっちー君は少しだけ成長。

そして、「嘔吐下痢」のお土産も持ち帰り、現在闘病中(涙)

全然頑張らずマイペースにいつもの生活を送ってたタニッチ。

それなのに・・・・・風邪気味(←1番ゆるせないタイプ)
スポンサーサイト
2007.12.08 (Sat) 00:22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。